三井ホーム 評判 口コミ

展示場に行くととりあえず全ハウスメーカーを見たくなるものですよね。
それで三井ハウスにも行ったのですが、
三井ハウスはなんといってもデザインが素晴らしいです。
でも結局、三井ハウスは止めました。その理由などをお話しします。

なぜ三井ハウスを検討したのか?

三井ハウスはなんといってもデザインが素晴らしいです。
窓にちょっとしたかわいいアクセントをつけたり、
部屋の壁紙や装飾もかわいくてどちらかと言うと女性をターゲットにしているのかな?
と思いました。
また三井ハウスは自社で設計を行わず、個人事務所などに設計を委託しているため、
設計が自由と言うのも特徴ですよね。
その分、設計代が高いと言うのがデメリットですが、
かわいさを求めるなら、ディズニーランドとかが好きな人には
向いているのかなと思います。

三井ホームの良い評判は?全館空調だし外観はディズニーみたい

具体的には下記3点かと思います。
1.デザインが素晴らしい
2.全館空調
3.木造の2バイ4構築

デザインが素晴らしい

三井ハウスのメリットは、デザイン力です。
展示場に行けばわかるとは思いますが、まるで森に迷い込んだ後に
偶然見つけたお菓子の家みたいな作りのものもあります。
設計士さんが自社ではなく外部に委託しているので、
実際に打ち合わせる際も外部の設計士さんを三井ハウスに呼んで、
そこで調整しました。
設計士さんの力量にも依るかもしれないですが、自分の設計士さんは
すごく楽しい人手、自分達の家の中にもブランコがあったり、なんでも自由にできますよとのこと。

自分達のやりたいことは、
・家の中にブランコを作る、
・スキップフロアを作りたい
・1階から2階への吹き抜けをつくりたい
この3点でした。

どれもできますよ、とのことで実際に設計して頂きました。
スキップフロアと言うのは、家の中に3段くらいの階段があり
その上に広い空間がある作りです。

リビングを用途で分けたり、子供が遊べる空間や
お父さんの書斎などいろいろな使い方ができます。
またフロアを床にへこますこともできるので、そうすると
キッチンにいるお母さんから遊んでいる子供たちが良く見える
なんていう安心設計もできます。

展示場にいった時にスキップフロアの家があり、すごくかっこよかったので、
ぜひ取り入れたいと考えていました。

設計士さんもスーツで来るというよりは自由人みたいな感じなので、
いろいろお話しながら家を作っていくという感じで、
設計を一緒にやっている段階はすごく楽しかったです。

全然突拍子もないことも話せるし、

自分たちから「家の中にツリーハウス入れちゃうのはどうですか?」
とか話して、
「いいですね~」なんてじゃあこうしましょうとか
自分達も現実的ではないから遊びだとはわかっているのですが、
そうゆう話もできて楽しいです。

全館空調

三井ハウスは全館空調です。
これはどうゆううことかと言うと、
「外の空気よりきれいな空気を家の中に最適温度、最適湿度で入れてあげれば、
ずっと快適でしょ?」
という未来志向な空調でした。

なので家の中にはダクトが張り巡らされており、そこからきれいな空気が出るので、
「窓は開けないでください」
「旅行の最中も空調は切らないでください」
など言われました。

なので花粉症とかアレルギーとかある人には良いかもしれませんね。
窓を開けない、外よりもきれいな空気というのが
すごいなぁ~と思いました。

なのでエアコンが要りません。
扇風機も要らないんじゃないでしょうか?
毎日、24時間、365日、季節に関係なくずっとそよ風が吹いているような環境です。
東日本大震災のときは放射能が東京にも飛んできていましたので、
そうゆう時は良いかもしれませんね。

とにかく未来志向の空調です。

木造の2バイ4構築

三井ハウスは木造のみです。
鉄骨はありません。

その工法も2バイ4という木材と木材を1個1個接合していくと言うよりも、
木材の壁を使って、四角い箱を作っていって、最後にそれらをがっちゃんこすれば
家ができるでしょ?という仕組みのようでした。
耐久性も良いらしく、従来の日本にある枠組みの木造建築よりずっと丈夫なんだとか。

自分達もこれで迷いました。

家の値段は下げたい、
でも耐久性のいい家を作りたい

これが矛盾しているわけです。

これをやるならハウスメーカーではなくて工務店とかに行って、
いい木材で建築してもらうのが一番だ、と言う結論に達して、
一時はハウスメーカーをやめることも考えました。
それで工務店とかも探してみたのですが、
なかなかいい工務店がわからないんです。

自分達の家の素人ですから、工務店さんが
いい木材ですよ、と言えば信用するしかありません。
でもそれがもしうそだったら?
家を建ててから2,3年は影響ないでしょうが、
20年、30年後に腐ってしまい、そのときにクレーム言っても
その工務店自体があるのかどうかもわかりません。

なので、
・自分達にはいい木材かどうかを判別する能力がない
・家の素人なのだからスタンダードではない方法は取らない。

という結論に達して、結局、ハウスメーカーにお願いしよう
と言う結論に達しました。

自分達の知り合いでいい工務店さんがいる方は、
そちらで建てられたほうが一番安価でいいと思います。
でも、そうゆう工務店さんを知らない、ゼロから探していく、
と言う場合は、やっぱり何かあったときのサポートというか
アフターケアが必要なので、ハウスメーカーになるのかなぁと思います。

三井ホームの悪い口コミは?外壁は塗り壁でメンテナンス費用が高い?

三井ハウスのデメリットは下記3点です。
1.営業が少ない。すぐに異動になる。
2.木造の2バイ4構築
3.設計代が高い
4.塗り壁

営業が少ない。すぐに異動になる。

三井ハウスの営業マンは全国でも1000人くらいしかいないそうです。
積水ハウスは10000人なので、10倍ですね。
そのせいなのかわかりませんが、
三井ハウスを検討していたわずか半年の間に、自分達の営業の方が
2人も異動になり、変わってしまいました。
変わってもいいのですが、女性の営業の方などは、まだ3歳と0歳の娘も
会議に連れて行っていましたので、すごくなついていて、
お姉さんじゃなきゃ嫌だというくらいでした。
営業さんはすごく親切で優しい人が多かったです。

でも、中にはこんなに営業が変わられたら困る
という人もいるのではないでしょうか?
自分も少し思いました。
先週まで話を詰めていてよく理解してくれていた営業さんが
来週から変わってしまうわけです。
いままで話していたものは引継ぎされているのでしょうが、
細かいところまでは無理でしょう。

また1から説明しなければならないことも覚悟しておかないといけません。
それが営業さんが病気でとか出産でとかなら話はわかります。
でもそれが三井ハウスと言う会社の人事異動でと言うなら話は別です。
そもそも三井ハウスで大丈夫なのか?という不安がよぎります。

あまりこの会社大丈夫なのか?
という不安を購入者に持たせるのはどうなんでしょうね。

これも三井ハウスをやめた理由のひとつです。

木造の2バイ4構築

木造の2バイ4はメリットにも上げましたが、
デメリットでもあります。

まだこの工法が完成してから日本で事例がそんなに多くありません。
もともと海外で成功している事例を日本に持ってきたそうですが、
日本は高温多湿というかヨーロッパやアメリカとはそもそも気候が違うので、
10年後にカビだらけということも考えられました。

家がサイコロ状になっているので、
地震に強いことは理解できました。
でもこの工法が梅雨の多い日本や高温多湿で大丈夫なのか?
というネットの情報もあり、ちょっと不安になりました。
もちろん三井ハウスの方は大丈夫ですといろいろ説明してくれはしますが、
それは当たり前の話なので、最後はその営業さんを信じるしかありません。

結局ここでも最後は営業さんの人柄というか
そこで決めざるを得ないので、人事異動でコロコロ担当が替わってしまう会社は
ダメなんじゃないか、と言うことで三井ハウスはやめました。

ちなみに営業さんは売ったら終わりで家を建てた後はサポートセンターにお任せ
という会社が多いとは思いますが、自分はそうゆう関係よりも
積水ハウスのように、営業さんと一生付き合っていける、
たまに家に来て売れていろいろ相談に乗ってくれるような関係がよかったので、
営業は売ったら終わりではないと思います。

設計代が高い

三井ハウスは設計を外部委託して、自由設計ですが、
設計代金はその分高いです。
個人事務所の方なので、仕事がほしいでしょうし、
個人でやっているプライドみたいなものもあるとは思いますので、
割高になります。

要は工場で作られるものは安価ですが、
一つ一つ手作りで作ってます、というところは高いですよね。

どちらがいいかは個人の判断ですが、
設計自体はすごく良いので、いいものは高くて当たり前という考えの人は
まったく気にしなくて大丈夫だと思います。

少しでも安く家を建てたいと言う方は、
ここがちょっと気になるかもしれないですね。

塗り壁

三井ハウスは主に塗り壁でした。
塗り壁は義理の祖母の家の近くに塗り壁の家があり、
しょっちゅう塗り替えていると言う話を聞いてました。
たしかに住宅街でよく観察すると、塗り壁の家は雨のしみなどが黒く垂れてきていて、
これが嫌な人は塗り替えをしないといけません。
タイルなどであれば変色した部分だけを変えればいいのですが、
塗り壁は変色した部分だけを塗ると逆に目立つと言うか、
家全体を塗り替えることになると思いますので、メンテナンス費用がかさみます。

家を建てる際に3000万円とかかかると思いますが、
これにはメンテナンス代金が含まれて下りません。
これ以外にメンテンナンスで年100万円とか50万円かかったら
たまったもんじゃないですよね。

なので、塗り壁と言うだけでポイント減でした。

これらの理由から三井ハウスは一度は仮契約までしたのですが、
本契約までに1万円払えば破棄できる条項があったので、
それで破棄して結局積水ハウスにしたわけです。

三井ホームと積水ハウスの比較。差は人事異動とアフターケア?

三井ハウスと積水ハウスの比較ですが、
一番大きいのは営業マンの数だと思います。

三井ハウスが全国に1000人ほどなのに対して、
積水ハウスが10000人とその差10倍です。
そのため、三井ハウスの営業マンはしょっちゅう人事異動していますし、
積水ハウスの営業マンは地域に密着して安定的に担当してくれている気がします。
また積水ハウスの営業マンやサポートの方も人数が多く、
暇なのか?wしょっちゅう家に来てくれます。
その辺のアフタサポートは積水ハウスが一番手厚いのではないでしょうか?
家を建てるのが2軒目という人は少ないかもしれないですが、
2軒目であれば家の事もだいぶ知っているでしょうし、サポートも必要ないのかもしれないですが、
多くの人が家を建てるのが1軒目であり、不安でしょうがないと思います。
そうゆう状況でサポートが手厚いと言うのはありがたい限りですね。

また積水ハウスの家は全館空調はなかった気がします。
三井ハウスの家は全館空調なので、その差があります。
自分の家は嫁の希望で、「風を感じられる家がいい」とのことで、
また全館空調の機械が壊れたら終わるということで三井ハウスはやめました。
そのおかげか、夏は暑いし冬は寒いのですがw、
初夏や秋などはそよ風が家に入ってきてすごく気持ちのいい家になりました。
個人的には、全館空調してまで快適な家を目指さなくてもいい気がします。
夏は暑いし、冬は寒いし、それで良いのではないかと。

もちろん家には床暖房があるので冬も普通に暖かいですし、
夏もエアコンがあるのでつけっぱなしにすれば快適です。
三井ハウスにしたら全館空調だから、窓を開けるのに多少戸惑いがあるのではないでしょうか。
窓は開けないで大丈夫です、と言われていたので、
風を感じる家のほうがいいと思いました。
まぁ個人の意見ですけどね。

まとめ

どちらがいいどちらが悪いと言うことではないのですが、
ハウスメーカーによってやはり特徴が違います。
三井ハウスは完全デザイン重視だと感じました。
積水ハウスはデザインは鉄骨ですしそこそこに機能がしっかりしています。
おとぎ話にあこがれる人なら積水ハウスはちょっとダサい家、と思うかもしれません。
メンテナンスの手間も自分で塗り壁などぬれるよ、と言う人であれば
全然三井ハウスでいいと思います。
個人の能力や好みの問題ですね。

ここから私が家を建てた際の見積もり一覧をプレゼントします。
ぜひ見てみてください。

家の見積もり一覧プレゼント